​予防医療

動物の重要な感染症の中にはワクチンや予防薬で防げるものが多くあります

大切な家族の健康を守るため、当院では積極的に予防を呼び掛けております

また、それぞれの生活スタイルに合った予防医療を提供するように心がけています

犬糸状虫症(フィラリア症)予防

犬糸状虫が媒介します。重症化した場合には命に関わる重要な感染症です。犬の病気と思われておりますが、に感染する場合もあります。

猫では犬と比べて、検査による診断が難しいため発見が困難な感染症で、突然死の原因となる場合もあります。また、現段階では有効な治療法も確立されていないため予防が重要です。

蚊が出現した1か月後から蚊が居なくなった一か月後までの予防が推奨されており、当院では基本的に5月下旬~11月下旬(地域・気候により延長する場合があります)の投薬を推奨しております。

また、それぞれの嗜好性やライフスタイルに合わせて、犬は錠剤、おやつタイプ、注射薬(年に1回)、猫はスポットタイプを取り扱っております。

注射薬に関してましては、完全予約制ですので、注射での予防をご希望の方はお問い合わせください。

 

・ノミ・マダニ予防

​ノミ・マダニはどちらも吸血する動物で、犬・猫ともに病気を媒介する重要な外部寄生虫です。ノミの寄生ピークは梅雨から夏にかけてですが、室内の温度が13度を超えていれば冬でも活動できます。

ノミは動物では消化管内寄生虫、ノミアレルギーなどの原因となり、人では猫ひっかき病、消化管内寄生虫、ノミアレルギーなどの原因となります。

マダニは草木の葉っぱなどから動物に飛びつくことで寄生し、梅雨と秋の二度感染のピークがありますが、一年中生息しているので一年を通して予防する必要があります。

マダニは動物では重篤な貧血を引き起こすバベシア症、猫ヘモバルトネラ症、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)人ではライム病、日本紅斑熱、SFTSといった重症化すると生命の危機に関わる深刻な病気を媒介します。

大事な家族の一員である動物たちを守るためにも、何より自分自身の身の安全を確保するためにも1年を通しての予防が重要となります。

当院では、犬ではスポットタイプ、おやつタイプ2種類(ノミ・マダニ予防のみとオールインワンタイプ)、猫ではスポットタイプ(ノミ・マダニ予防のみとオールインワンタイプ)を取り扱っております。オールインワンタイプは一度でノミ・マダニ、フィラリア症、消化管内寄生虫の駆除を行うことができるため、当院ではオールインワンタイプを推奨しております。いずれの薬剤も1か月間効果が持続しますので1か月に1度の投薬で予防ができます。

・混合ワクチン

当院では、犬は5種(犬パルボウイルス、犬ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬アデノウイルス2型、犬パラインフルエンザ)、9種ワクチン(5種+犬コロナウイルス、レプトスピラ感染症3種)、猫は3種(猫汎白血球減少症ウイルス、猫伝染性鼻気管炎ウイルス、猫カリシウイルス感染症)、5種(3種+クラミジア感染症、猫白血病ウイルス)、猫エイズウイルスワクチンを取り扱っております。

それぞれの生活スタイルに合ったワクチンの接種が出来るように、ワクチン接種の前に十分な説明の時間を取るように心がけています。当院では1年に1度のワクチン接種を推奨しております。

・狂犬病ワクチン

狂犬病は人にも感染する人獣共通感染症のひとつで、発症した動物から噛まれることで感染します。人の発症後の致死率はほぼ100%で、非常に重要な感染症です。日本には狂犬病予防法という法律があり、飼い主は犬の登録と1年に1度の予防接種が法律で義務付けられております(違反した場合は20万円以下の罰金が科せられます)。4~6月が狂犬病予防強化月間となりますが、一年中いつでも接種して頂くことが可能です。