• 土肥動物病院

梅雨でジメジメ 外耳炎

これから雨が続く予報が出てます。本格的な梅雨入りのシーズン到来ですね。

洗濯物も乾きにくく、嫌な季節が続きます。

ワンちゃんネコちゃんもお散歩にあまり行けなくて、退屈な日を過ごしているかもしれませんね。雨の日はストレスがたまらない様にしっかりおうちのなかで遊んであげてください。


さて、梅雨の時期は湿度も温度も高く、ジメジメしてて嫌ですね。

特にわんちゃんは外耳炎や皮膚のトラブルが起きやすいシーズンでもあります。

湿度や温度が高くなるとカビや細菌は繁殖しやすくなります。その結果皮膚炎や外耳炎が悪化してしまう場合があります。

カビや細菌が繁殖してしまった場合には適切な経口あるいは点耳の抗菌剤や抗真菌薬の投与が必要となる場合があります。


外耳炎の悪化を防ぐには適切なお耳の洗浄が必要となる場合がほとんどです。耳垢を減らしてあげることで、悪化要因となっているカビや細菌の数を減らすことが出来ます。

ですが、お耳掃除に固い綿棒や器具などを使用することはお勧めしません。綿棒や器具で耳の中を傷つけてしまい、症状が悪化してしまう場合があります。

基本的には強くこすることはせず、お耳の中に洗浄液を入れて、耳道をやさしく揉むことで汚れを浮かせて、その汚れをコットンなどで拭き取るのが良いとされています。


当院では院内でのお耳掃除はもちろんのこと、ご自宅でできる適切なお耳ケアの方法の指導や洗浄液の販売も行っております。

最近お耳を気にして、掻く様子が増えたなど気になることがありましたらご相談ください。

7回の閲覧