• 土肥動物病院

熱中症に注意しましょう

非常に暑い日が続いております。日中は30度を超える日も珍しくありません。毎年、この時期になると熱中症で病院に担ぎ込まれる子が増えてきます。

熱中症になってしまった場合には適切な処置を行っても命に関わる場合がありますので、熱中症にならないようにしてあげることが一番大事です。少し気をつけてあげるだけで熱中症になる確率は下がりますのでしっかりと気をつけてあげて、楽しく元気に生活出来るようにしてあげましょう。下に熱中症対策をいくつか書いておきますので、ご参考にして頂ければと思います。


・室内で飼育している子はクーラーを付けてあげてください。人が快適に過ごせる温度がワンちゃんやネコちゃんにとっても過ごしやすい気温です。お外で飼育している子は必ず、日除けが出来るようにしてあげてください。直射日光が当たるとすぐに体温が上昇します。特に毛色が黒い子は熱を吸収しやすいので注意が必要ですし、高齢の子は体力が衰えていたり、脱水しやすかったりするので要注意です。

・毛が長いワンちゃんの場合にはライオンカットなどで体の毛を短く切ってあげることも効果的です。

・お散歩に行くときは保冷剤などの体を冷やせるものを持っていきましょう。最近は保冷剤を入れられる首に巻くスカーフや、胴輪に保冷剤を入れられるものなども発売してますので、そういったものを活用するのも良いと思います。

・お散歩中に喉が渇いたらしっかりと水分補給出来るように水筒を持ち歩くようにしましょう。ワンちゃんは汗をかかない代わりにハァハァと呼吸することで熱を蒸散しますので、暑い日はいつもよりも余計喉が渇きます。

・日中のお散歩は極力控えましょう。お昼過ぎなど一番気温が上がる時間帯は30度を超える日もあります。また、ワンちゃんは人よりもコンクリートに近い部分を歩くため、コンクリートからの照り返しが強く、人よりももっと暑い場所を歩いており、猛暑日の場合には40度を超えることも度々あります。少し日が沈んでからお散歩してあげると随分温度も下がるので、今の時期、日中のお散歩は差し控えてあげましょう。

・特に鼻が短い短頭種で毛色が真っ黒な子などは熱がこもりやすく体温が急上昇してしまう場合がありますので、より万全な準備をして日々を過ごすようにしてあげてください。


もちろんお散歩に連れて行かれるご家族の方も十分な水分補給や帽子の着用などの熱中症対策を行った上で、お散歩に行ってあげてください。適切に対処して、楽しくワンちゃん、ネコちゃんライフを過ごしましょう。

17回の閲覧

最新記事

すべて表示

受付部分を工事中です。

土肥動物病院、獣医師の土肥裕典です。 現在、病院の受付部分を工事しております。 外から見ると院内に電気がついていないように見えますが、営業時間は変更せず、通常通り営業しております。 受付の方法としては、正面玄関から左手に簡易の受付を用意しておりますので、そちらでご用件をお伝えください。 受付終了後はお車でお待ち頂いております。 順番が来ましたら診察室にご案内致します。 皆様には大変なご迷惑をおかけ

お盆休みのお知らせ

梅雨も明けて本格的に夏シーズン到来ですね。新型コロナウイルスにも注意ですが、熱中症にも注意しましょう。 さて、表題の通りですが、下記期間にお盆休みを頂戴致します。 皆様にはご不便をおかけ致しますが何卒ご理解の程よろしくお願い致します。 お盆休み ・2020年8月13日(木)~20208月16日(日) 終日休診 なお、緊急の場合にはまずお電話ください。可能な限り対応させて頂きます。 連絡がつかない場